Please reload

最新記事

2006/01/16 朝日新聞に掲載されました

November 11, 2017

1/3
Please reload

特集記事

わかっちゃいるけどやめられない

 昔、植木等という人が唄った「スーダラ節」の一節です。彼の父親は植木徹誠という第2次大戦中に反戦思想を持ち水平社運動などに肩入れした反抗の僧侶。その息子で敬虔な仏教徒の植木は、わかっちゃいるけどやめられないなどと自堕落な歌詞に抵抗感を持ち、唄うことを悩み父親に相談したところ、「それは唄っていいんだよ、親鸞上人も日々わかっちゃいるけどやめられない人間の業に悩まれた末に解脱されたのだから」と逆に諭されたそうです。これは私があるパーティーの席で植木さんから直接聞いた話です。

 

 私達はやってはいけないと頭で分かっているのにやめられない… 欲望を制御出来ない。やらなければならないと分かっているのに実行出来ない… 怠惰から逃れることが出来ない。

 

 自分を動かす、あるいは動けない源はどこにあるのだろうと考えた時「勇気」に行きつきました。留まる勇気、行う勇気、勇気を養うことが意志に従うことになる。

 

 勇気は日頃の覚悟から生まれます。人は必ず死ぬという宿命からは誰も逃れられません。ならば生きていることに美しさを求め見苦しくない生き方をするために心と体を鍛えることが大切です。

 

 人間は本来覚悟が出来ず、勇気をふるえないということを自覚し、確かな生活信条を持ちこれを保つために努力をつづける。中々出来ませんが私が目標にしていること。先ず正直に、欲少なく他人のために努力を惜しまぬこと…です。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

DAIICHI CORPORATION

〒860-0845 熊本県熊本市中央区上通町7-32 蚕糸会館2F

TEL 096-319-3488 FAX 096-288-3844

  • Facebook Social Icon
  • Instagram

Copyright 2017 Daiichi corporation All right reserved.