Please reload

最新記事

2006/01/16 朝日新聞に掲載されました

November 11, 2017

1/3
Please reload

特集記事

因と果

  つい最近、熊本空港の前で車を降り、急いでいたので横断歩道ではない場所を横切り空港ビルに入る直前、道路の段差に気づかず前のめりに見事に転んでしまいました。一瞬頭の中が真白になり、次に「怪我は…ない。荷物は…大丈夫、傷んだりしていない。服も汚れたり、破けたりしていない」確認作業が終ったと同時に「ああよかった。ありがとうございます」と神仏に心の中でお礼を申し上げました。「何かもっと酷い目にあうところをこれ位のことで済ませて頂いた」と感謝が身に沁みました。

 

 しかし、昔からこうではありません。今回と同じ様な体験をした時には「チクショー何でこんな目にあわなけりゃならないんだ…」と憎まれ口を叩き天を恨んだものでした。ところが今は不慮の事故にあっても結果が無事であれば先づ感謝の気持が湧き上がります。次に「ひょっとしたらバチが当たったかな…」と自分の行動を想い起します。つまり、果を見て因を探ることが出来る様になったのです。

 

 信ずるものは救われます。天意に適った生き方を求めれば誰でも必ず神仏の加護を受けることが出来るものなのです。又、時には不意に痛い目にあうことが日頃の自分の無意識の傲慢に気づかされることになるのだと思います。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

DAIICHI CORPORATION

〒860-0845 熊本県熊本市中央区上通町7-32 蚕糸会館2F

TEL 096-319-3488 FAX 096-288-3844

  • Facebook Social Icon
  • Instagram

Copyright 2017 Daiichi corporation All right reserved.